家族葬が選らばれる理由

main-img

以前までの葬儀は自宅で執り行い、親族から近所の人やその地域の人、お世話になった人などが弔問に来るので大規模に行うことが多くありました。



しかし、近年では規模が小さい家族葬が一般的になりつつあります。
家族葬のはどのようなものかという明確な定義はありませんが、基本的には親族やごく親しい人だけが参列する場合のことを言います。


家族葬が一般的になってきた理由はいくつかあります。
一つは費用の問題です。
大規模に執り行う場合は、当然大きな費用が発生します。


しかし、規模の小さい葬儀であれば、その分費用を抑えることができます。


また、故人の宗教観や死後に大きな費用をかけて家族に迷惑をかけたくないと考えている故人も多く、故人の意向により小規模な家族葬を執り行うこともあります。もうひとつの原因は医療の進歩で寿命が延びたことが関連しています。


日本では定年退職は65歳と決まっています。

しかし、平均寿命は80歳近くまで伸びています。


そうなると退職してから15年から20年が経過しますので、職場での人間関係もなく参列者が少なくなります。



また、生前親しくしていた人も、高齢となり施設に入所していたり、すでに亡くなっているケースも多くなります。その結果大規模で執り行う必要がなくなってきたと言われます。



また、参列者が少なくなった原因には、近隣住民との関係が希薄になっていることもあります。

特に都市部はそのような傾向が強くなります。しかし、家族葬は近親者のみで行いますので、比較的自由度が高く、温かみのある葬儀になるでしょう。

納得の情報

subpage01

葬儀というものは、ただ出席するだけであればあまり時間も取られませんし、基本的には楽なものです。ですが、執り行う側、遺族の方はそれなりに忙しいものですし、喪主やそれを手伝う近親者ともなりますと通夜を含めて寝る暇も無いという事もありがちな事です。...

more

1から学ぶマナー

subpage02

最近特に亡くなった後の葬儀などに関して、盛大なものは望まなくなってきているとされています。特に高齢者の中で、齢を重ねてきた人の中には家族以外との付き合いが限定されている人もいて、盛大にする必要も無いこともあり死後のことについて生前のうちに話しをしているケースも少なくありません。...

more

マナーの秘訣

subpage03

最近の葬儀では、遺族(家族)を始めとした身内だけで行う「家族葬」と呼ばれる小規模な葬儀スタイルが主流になっています。従来の葬儀スタイルである「一般葬」との一番の違いは、参列者の規模(人数)の違いということになりますが、それ以外にも違う点がいくつかあります。...

more

マナーが気になる方

subpage04

近年では、従来の大規模な葬儀に代わって、比較的小規模で行われる葬儀スタイルの需要が高まっています。小規模な葬儀スタイルとしては、「家族葬」と「一日葬」があり、この2つの葬儀スタイルはそれぞれ別のものなのですが、実際の違いがよく分からないという人も多いでしょう。...

more